令和2年予算特別委員会 都市整備領域

2020年3月13日 江口じゅん子区議

砧地域の公共交通不便地域について

江口じゅん子

私からは、砧地域の公共交通不便地域について伺います。

昨年12月、砧まちづくりセンターで、区主催の地域住民との勉強会が開催されました。

運行ルート・ダイヤ・運賃等案が示されるなか、最も意見が出たのは、通学路の安全対策として午後2時半~4時は運休、についてです。

「この時間は買い物や通院等で高齢者が活動する、高齢者のゴールデンタイム。この時間が運休なら、何のためのバスか」また、ある方は「一般車両やトラックは交通規制せず、コミュニティワゴン車バスだけ運休しても、児童の安全対策に効果があるのか。」等意見が相次ぎました。

交通管理者である警察が児童の安全対策として下校時間の運行は認めない、ということで、運行主体となる地元町会・自治会・商店街から作る『砧地区公共交通協議会』また区も、難儀のうえの提案と理解します。

しかし来年8月からの実証運行成功のためにも、この課題解決が必要であり、警察・学校・地元・区が共に協議する場の設定等方策が必要です。

区として、今後どうしていくのか伺います。

堂下交通政策課長

昨今の路線バスによる事故等も踏まえ、通学路、その中でも特にガードパイプ等で歩車分離がされていない区間について、交通管理者から安全対策を求められているところです。

注意喚起の看板設置等や運行ルート上の注意点等を踏まえた交通安全マニュアルによる安全運転の徹底といった対策だけでなく、見守り活動や運行時間帯の調整等が必要な状況となっております。

こうした状況を踏まえ、地元協議会のご意見もうかがったうえで、14時30分から16時までの時間帯を運行休止とする運行概要としたところですが、一方で、この時間帯の利用希望者がいらっしゃることも認識してございます。

令和2年度に需要予測アンケートを実施する予定ですが、まずはこのアンケートの中で運行休止する時間帯についてどの程度の需要があるかを確認してまいります。

江口じゅん子

ご答弁されたように、住民の真のニーズを探る需要予測調査は重要です。

ダイヤ案では、祖師ヶ谷大蔵駅北側を走る、くるりんバスとの接続も考えられ、つまり祖師谷・成城の方もこのワゴン車バスで大蔵運動公園・砧公園・世田谷美術館等利用が考えられます。

またルート案は、大蔵団地・世田谷通りを通り、環八にも近いルート案のため、大蔵・桜丘・上用賀の住民も利用できます。

調査は砧に限らず、実際に利用すると想定される方々を視野に、手法・範囲等検討が必要であり、見解を伺います。

堂下交通政策課長

前回の需要予測アンケートは、平成30年9月、3千名の区民を無作為に抽出して実施しております。

この無作為抽出する対象地域を砧一丁目から八丁目の全域としておりましたが、砧地区は広いこともあり、交通利便性の高い地域にお住まいでコミュニティ交通を利用しない方にもアンケートをとっているのではないかとのご指摘もございました。

このため、令和2年度に実施を予定している需要予測アンケートでは、地域の方々と議論を積み上げ、とりまとめた運行ルート案の沿線にお住まいの方々を対象とすることで、需要をしっかりと捉えていきたいと考えております。

委員ご指摘のとおり、利用する方の需要を的確に把握していくことが、実証運行に向けた第一歩だと考えており、アンケートの設問内容も工夫したうえで、令和2年度に実施する需要予測アンケート調査に向け、全力に取り組んでまいります

都市計画道路 補助52号線について

江口じゅん子

次に都市計画道路 補助52号線についてです。

今年1月東京都は、「防災都市づくり新計画の基本方針の改定案」を示し、パブリックコメントが実施されました。概要として、2020年度までの10年間、「…重点的・集中的な取組として実施してきた、不燃化特区制度活用や特定整備路線整備について、取組を5年間延長…」とあります。

この計画のベースである、都の「木密地域不燃化10年プロジェクト」は、2020年度までの目標として『整備地域における不燃領域率70%を実現 、焼遮断帯となる主要な都市計画道路を100%整備』を掲げました。『都区連携し、促進』ともあります。

しかし実際は進んでいません。

不燃化については、先の5常任委員会で、「世田谷区新実施計画(後期」の成果の達成状況等について」で「目標達成に至らなかった成果指標」として報告されています。

では、特定整備路線はどうか。特に52号線の進捗状況(整備率)を伺います。

佐藤道路計画課長

都市計画道路補助26号線の東北沢区間 平成30年度末まで94%の用地取得。

補助26号線の三宿区間 平成30年度末までほぼすべての用地取得済み。」現在街路築造工事また擁壁工事を進めている。

52号線の若林区間平成30年度末まで50%の用地取得済み、今後も用地取得進めていくと都から聞いている。

江口じゅん子

この区間は、平成8年の事業開始から既に24年、根強い反対運動があり、事業は進んでいません。

不燃化・耐震化促進に関して反対する住民はいないと思いますが、都市計画道路整備ありきの進め方に、反対・疑問の思いは根強いと実感するものです。

今般の5年延長を知った宮坂のある方は「都は道路事業が何故進まないのかその分析もなく、住民の意向を顧みることも話し合うこともない。進まないから延長では、あまりにも乱暴だ。」と、言われています。

都は今回の改訂に対して、区へ意見照会されたと考えますが、道路所管として意見は上げたのか。委員会報告はあったのか伺います。

道路計画課長

今回の基本方針の改正案については、現行計画に引き続き、延焼遮断帯形成など、都市計画道路整備を踏まえた考え方になっているわけでございますが、改定案で示している内容について、区との考え方に矛盾は無いため、道路所管として東京都に対しましては、この改定案に対し、意見等について特に述べておりません。
また、委員会報告もしてございません。

江口じゅん子

委員会報告は無かったつまり議会や区民の声は聞かなかったということで、参加と協働の区政のありかたと大いに異なると考えます。

副区長に伺うが、参加と協働は区政の根幹です。今後どう進めていくのか伺います。

岡田副区長

参加と協働は道路整備のみならず、まちづくり、また区政全体の根幹となるものと考えています。
このためには情報公開・情報共有、これが大事と考えております。
道路事業の様に賛否両論ある事業においては、区民の安全安心の確保を基本に情報公開・情報共有に努めていきたいと考えています。

<< 前のページに戻る