令和3年 決算特別委員会 企画総務領域

2021年10月01日 江口じゅん子区議

国分寺崖線下の成城3・4丁目、喜多見8丁目等の避難所確保について

日本共産党の質疑を始めます。

私からは国分寺崖線下にある特に成城3・4丁目、喜多見8丁目等の「避難出来る」 避難所確保 について伺います。
ここで等高線地図を使い、現地の説明をします。濃い茶色が崖線上の成城の住宅街です。 高さ40~45mの高台です。色 が変わるごとに、5mずつ下がります。崖線の上と下では20mの高低差があります。等高線の幅が狭いことが分かりますが、 それだけ坂道が急ということです 。

土砂災害ハザードマップでは、 成城4丁目と3丁目の一部が、警戒区域・特別警戒区域に指定されています。この崖線下の地域では、令和元年の台風19号、 また今年夏の豪雨等、近年大雨や土砂災害警報発令が多くなっています。

しかし地域の方からは「大雨の中、 高低差20mの長い急な坂道を登って、 崖線上に出て、そこから成城の砧支所まで行くのに、大人の足で20~30分かかる。年寄りも小さい子どももいる。 とても行くことが出来ない、何とかならないか。」等の声が多く届いています。

台風19号の際は、 喜多見8丁目野川沿いの方から、 「妻は車いす、 電車も止まり、車も無い。 避難しろと言うが、支所までどうやって逃げたらよいのか?」 と、 SOS の電話もきました。

大雨の際、2階の垂直避難も可能ですが、地域には平屋もアパート・マンション等集合住宅もあります。野川のすぐ近くに住む方から、「2階避難を考えているが、想定外の災害が多くなっている。 今 のうちに、 喜多見駅周辺で避難所を確保できないか。」との要望も伺っています。

早めの避難また縁故避難等も重要で、私も警報発令時この地域の方々に 「早めの避難」 を呼びかけます。 しかし、「高齢で足も悪いのに、 食料等持って、坂を上って支所までとても行けない。 支所には横になる場所も無いでしょ? 早めの 避難と言われても・・・」とか「うちは3世帯の6人家族。 縁故避難できる知り合いもいないし・・・」等避難を躊躇する方が多く、 「早めの避難をしない、 出来ない」方がとても多いと実感しています。

豪雨時野川氾濫の可能性があるので、崖線上の垂直避難は承知しています。 しかし、現実的にそれが困難な物理的条件と地域の方々は介護等様々な事情があります。 命最優先で、早めの避難を実現する方策の一つとして、 例えば喜多見駅前のサミットと災害協定を結ぶ等、避難し やすい避難所確保求め伺います。

災害対策課課長

水害時の避難所は、風水害対策総点検の中で、区民の皆様や区議会のご意見もいただきながら、多くの方々が安全に避難できるよう計画したところであり、避難所までの安全な避難ルートが確保されるかなど、地域のご意見を踏まえながら開設する施設を決めた経緯がございます。
 当該地域では、その他、喜多見地区会館を土砂災害の予備避難所としており、8月15日のような、浸水害の避難指示を伴わない土砂災害単独の避難指示が発令されるなどしておりますことから、今後活用していきたいと考えております。

水害時避難所は、区職員が交代で運営にあたる体制を基本としつつ、地域住民のお力も借りながら運営をすることとしており、避難所ごとに個別に調整を行っておりますことから、避難所の拡充を検討するとした場合、区職員の配置や運用体制を精査のうえ、地域の方々と意見交換をしながら、地域との役割分担などを検討する必要があると考えております。
 このような背景があることを踏まえつつ、地域からの水害時の避難にかかるご要望などがありました場合は、関係所管と連携し、安全を最優先とした適切な避難行動につなげていくための様々な工夫について検討するとともに、改めての周知・啓発などに努めてまいります。

<< 前のページに戻る