令和元年決算特別委員会 補充質疑

2019年10月15日 江口じゅん子区議

正式な議事録ではありません。
一部テープ起こしで聞き取りが出来ず文字起こしができなかった部分がございます、ご了承下さい。

江口じゅん子

日本共産党の質疑を始めます。

まず台風19号により、区内でも多くの方々が避難、または浸水被害に遭われました。
心からお見舞いを申し上げます。

被災者の皆様が1日も早く日常生活へ戻れるよう国、東京都、区、また区議会も一丸となって全力を挙げて対応することを求めるものです。
では今般の19号の被害について、3点伺って参ります。

台風19号~①被害状況の実態把握と全容解明について

江口じゅん子

まず区としての被害状況の実態把握と全容解明についてです。

先程来から他会派の方たちから、被害状況についての大変な状況が切々と訴えられました。
私も議題として発災翌日、そして昨日も地域の方々の兵庫島の端発生場所、また浸水被害の大きかった地域を歩き、被害状況の聞き取りを行いました。

我が党は現地を歩き、今回浸水被害の大きかったのは主に3カ所と考えています。
ここが多摩川が氾濫した兵庫島です。それから離れて世田谷記念病院のある野毛と玉堤、尾山台1丁目。この野毛と玉堤、尾山台1丁目ここの浸水被害が大変ひどいという状況を確認をしています。

これらの地域の中には多摩川が近いということで、家屋の土台を1メートルほどかさ上げしているお宅もありました。それにもかかわらず床上浸水をした。
またこちらは、清掃作業している方にお話伺ったんですが、大人の男性の腰の上、指を指している、ここまで水がきたんですよということで、本当に浸水の大変さ、被害の大きさ、これを目の当たりにしました。

道路も腰まで冠水をしたと、そしてその道路を鮎が泳いでいたと、こういったお話も伺いました。
発災翌日、住民の方々は泥すくい、清掃に追われています。そしてこのように街のいたるところで、ゴミの山ができている状況です。先ほど他会派からもこうしたゴミの状況、早く解決をというふうにおっしゃっていましたけれども、本当にそういった声を私も多く伺いました。

区長もですね、発災直後、氾濫現場からまたは世田谷記念病院までなど、被害状況確認されたと認識をしております。
世田谷記念病院ですが、その正面入り口がある通りには、私と同じ40代、30代の子育て家庭が住む、一軒家、大規模マンションが立ち並んでいます。
発災翌日にその現場を歩きましたけれども、本当に家族総出で、1階全部開け放して、家財道具を運んでいる、清掃している、だけどなかなか取れない、そういった状況でした。1人のお父さんからお話を伺いました。
ローンを抱え購入した我が家が床上浸水、ここで暮らし続けられるのか、今後の生活はこれからどうなっていくのか、不安が尽きない。

また子どもは健気にしているけれども、火曜日から小学校も始まる。やはり傷ついているのではないか。
1日も早く元の生活に戻れるように支援をしてほしい、と本当に切々と訴えられています。被災を受けて地域の方からは、不安、困惑、要望こうした声で溢れていました。

また発災後翌日は晴天で暑く、翌々日は小雨でした。
多くの方は、パネルの写真の方のように、Tシャツや短パン、そして下はサンダル。マスクや手袋もせず、泥にまみれた家屋や家具を洗っていました。
これまでも洪水後、泥などによる破傷風やレジオネラ肺炎など、特定感染症の流行が確認されています。

早急な注意喚起が必要と思いました。先程申し上げた通り、区長は発災後翌日から被害状況確認し、被災者からの声を直接聞かれています。そしてこの間のやり取りで区も区民生活復旧に全力を挙げる、と答弁されています。
そうであるならば、区として浸水地域の全軒訪問を行い、早急な実態把握が必要です。先ほど他会派から、浸水被害がひどい、44件、この速報値はないだろうと指摘がありました。

私も地域を歩き、大規模マンションの1階が浸水というところをいくつか見ており、本当にこの区内の浸水被害、大変な数ではないかと実感しています。

本日、東京都から被害状況の把握調査が来たということを所管から聞きました。激甚災害の指定を受けるにも、区として実態を直ちにつかみ、その数を東京都や国へあげなくては、果たしてその指定を受けることができるのか危惧をしております。

大田区では、職員、保健師などが回っていると地域の方も既に知っていて、住民も区の積極的対応を強く望んでいます。区として事務、土木、保健師などがチームとなって、被災地域全軒を訪問し、早急な実態把握を求めます。その際区の支援情報、感染予防など、広報、啓発が必要です。

一昨日、昨日と役所は休みで、罹災証明書の発行は本日からです。
それを待つのではなく、迅速に対応していただきたい。
情報を知らず、区の支援を受けられない方が出ないよう、そして発災後の感染症流行など、二次被害の防止のためにも、早急な対応を求めます。
区長の見解を伺います。

保坂 区長

おっしゃるように、このペーパーにまとめました44件というのは、まさに対応を始めたところの件数であって、被害多数発生しているということで認識をしております。

先程聞いたところによれば、罹災証明については100件、既に出ていると、明日以降も出てくるものと思います。
委員おっしゃっている地域まわりまして、なかなか排水が間に合わないということで、渋谷区の方から対策で4台、排水ポンプを職員のみなさんと一緒に来ていただいて、既に昨日対処していますが、まだ足りないというふうに聞いております。

災害ゴミ、被災ゴミについても、城南ブロックの中で、いくつかの区で共同して、人員を送っていただく、ということも先ほど情報きましたので、ぜひ受け入れて、1日も早く被災ゴミを片付けていく、そしておっしゃった感染症対策、これから細かいホコリになったり、泥を被ったところの安全対策について、保健師の訪問等、なるべく早く出来るように調整して行っていきたいと思います。

江口じゅん子

地域は特定されています。ぜひ区として早急な実態把握、全軒訪問を行って、1日も早い復旧への全力の支援を求めます。

台風19号~②被災した保育園への対応について

江口じゅん子

そして2点目は、被災を受けた保育園への対応についてです。

尾山台にある0から5歳児の保育所は床上浸水の被害となりました。こちらも発災直後から職員、保護者、近隣園が集まって泥かき、清掃に追われていました。

浸水した1階は、調理室と3から4歳、5歳の保育室。
園長先生からお話を伺いました。

2階にある階段の二段目まで浸水。調理室の水がなかなか抜けない。床も外さなければ、土台がどうなってるかわからない。床下暖房はダメなってるのではないか。通常保育に戻るには、大規模修繕が必要になると思うが、保険でどのくらい賄えるのか先が見えない状況です、との事でした。

この園について、区の対応を伺うとともに、通常保育に戻れるまで、区の責務としての積極的役割を求めます。見解を伺います。

知久 保育担当部長

今回の災害に対します対応としましては、13日の日曜日の午後3時までに、被災状況をメールで知らせていただけるように、各園に通知をいたしました。

13日の午後3時に職員が参出し、情報収集にあたったところです。
今ご指摘の園につきましても、13日の土曜日に職員2名が午後3時過ぎに現地を訪問し、状況を確認しております。
今お話があったように、床上浸水確認しまして、1階の3歳児から5歳児の保育室、調理室、事務室が浸水している。
また床暖房、什器類が全て水につかったとのことでございました。

その場で15日の園の開設に向けて園長とお話をさせていただきました。浸水した3歳から5歳児のクラスは1階にございますが、そのうち3歳から4歳については園での受け入れが可能、いうことを確認しております。

一方5歳児、定員が16名となりますけども、こちらは受け入れが当該園では難しいということで、近隣にございます公立の園に、その日に園長と調整をしまして、今日この16名については区立の園で受け入れをしているところです。
また調理室が浸水したために、しばらく給食の提供ができないということですので、区の方でケイタリング業者の方を紹介させていただいて、提供についても継続していただけるように支援をしている状況です。
いずれにしましても、復旧にはしばらく時間がかかると思いますので、保育担当部としましても必要な支援継続して参りたいと思います。

江口じゅん子

この間、区立保育園のあり方というのが示されて、区立保育園の新たな役割として、災害時の緊急保育を行う、ということが明記をされていますが、それに即した迅速な対応と考えております。

通常保育に戻れるまで、まだまだ時間を要すると思いますので、ぜひ積極的な対応をお願いしたいと思います。
そして、被災地域を積極的に回ってきた区長としても、ぜひこの園の現状を見ていただきたいと要望します。

台風19号~③避難所の非常用電源配備について

江口じゅん子

災害対策今般の19号被害に対しての3点目は、総括質疑に続いて避難所の非常用電源配備について伺います。

来年度には指定避難所である区立小中90校全てにエアコンが配備予定です。
しかし停電時の、非常用電源はどうかというと、現状ではほぼ、本部機能開設、維持のための3日から4日弱の電力が賄える程度となっています。
つまり避難所で長期間生活をするための、被災者の方のための電力確保、まだまだ不十分な状況、ということを総括質疑でも指摘をしました。

今回の19号被害では、10月で涼しく長期間避難所にとどまり、泊まれる方も多くいました。
しかし停電時の酷暑の時期、雪が降るような寒い時期、満員の避難所でエアコンが稼働できなければ、高齢者、乳幼児の健康被害は必至です。
そして今般の台風被害でも長時間の停電が発生しております。

ここは区長に伺いますが、エアコンは配備されても停電時は稼働できない、この状況どう認識されているのでしょうか。
総括質疑で危機管理室長は、できうることから年度内に着手すると答弁をされましたが、今後具体的にどう進めていくのか、併せて見解を求めます。

保坂 区長

学校体育館への冷暖房エアコンの設置ですが、まず災害対策上、ガスに関しては、若干プラスの費用がかかりましたけれども、停電時に自らバッテリーで起動して、ガスが供給されていれば、エアコンがまわり、回っているエアコンの動力で吹き出しの電源も確保するというタイプものを入れさせていただきました。

しかしながらガスタイプは全体では少数で、電気によるものというのが多数です。電気によるものについて、太陽光発電とか学校にあります、蓄電もあります。あるいは先ほど他会派から出ていた、バッテリー、そういったものを揃えていく手配したいと思いますが、エアコンを稼働させるには相当電力が必要で、電源車等の手配がないと難しいものと思います。

これが具体的にどうできるのか、これも検証していこうと思いますけれども、最大限区の、万が一ではなくて、これから起こりうる、今回停電がなかったんですが大停電もありえたので、現状はこうだと、課題はこうだと、課題についてできるものは直に着手していきたいと思います。

江口じゅん子

直ちに着手をされるということで、先ほども申し上げましたけれども、停電時の避難所生活で1番の被害を受けるのは、高齢者、乳幼児、そして障害者などの災害弱者です。

そして区民の方からも、やはりエアコンがついても、停電時は使えないということに対して区の対応を求める声、寄せられています。ぜひ積極的な対応を期待しまして次に移ります。

台風19号~専門家を交えて被害原因の調査を

江口じゅん子

この質問の最後に、これまでの質疑で、区は今般浸水被害があった尾山台、玉堤、野毛の被害を内水被害と言われております。

しかし先程申し上げた通り、鮎が冠水した道路を泳いでいたと、実際に尾山台また玉堤で住民の声を伺いました。
またテレビでも捕まえた鮎が写されて報道されていた。
ニュースでご覧になった方もいらっしゃると思います。

排水門、排水管これは、丸子川、矢沢川から多摩川への逆流を防ぐためのものです。
つまり多摩川の鮎が、既に尾山台や玉堤などを泳いでいたことなどから、既に多摩川は逆流していたのではないかと考えております。

排水門、排水管の閉鎖の時期が適切であったのか、また今般の被害は本当に内水被害なのか、専門家を交えてきちんと調査をする、このことが必要だと思っております。
ぜひこの専門家を交えて調査をするということを着手をすることをしていただきたいと思いますが所管の見解を伺います。

関根 土木部長

今回の内水被害につきましては、今後多摩川の水位などを検証しながら、詳細に検証してまいりたいと考えております。

江口じゅん子

詳細の検討ということで内部だけで済まさず、ぜひ専門家を交えて調査をしていただきたいと思います。

先ほど他会派からも、一体この水どこから出たのかわからない、という声を、私も現地で多く伺いました。
そして内水被害であったときに区としての情報提供について、厳しい指摘もありました。
しかしまず全容解明をしていかないと、これがどういった被害だったのかということがわからないです。

ぜひきちんと調査をしてもらって、そしてそれを区議会や区民に明らかにすることを強く要望します。

新年度予算について~国保多子世帯の均等割りの減免を

江口じゅん子

続きまして新年度予算について伺ってまいります。

わが党はこの間、新年度予算で国民健康保険の子どもの多い世帯の均等割の減免、これについて一貫して求めてきました。
これまで国保には他の医療保険にはない「人頭税」と同じ仕組みの「均等割」が子育て支援に逆行しているということを指摘してきました。
均等割は加入者一人ひとりに課されるもので、生まれたての赤ちゃんにも当然かかります。

今年度は年間52,200円になります。一方協けんぽ、または公務員の方が入る共済の保険などサラリーマン家庭の場合は、加入者の所得によって保険料が決められるだけです。何人子どもがいようとも、保険料が増えることはありません。

同じ世田谷区民の子どもでありながら、保護者の働き方によって、子どもに均等割52,200円が課される場合と、そうでない場合が生じます。

この間、子育て支援としての区独自の対応を求めてきました。
先日の福祉保険領域では様々なシミュレーションを重ねている、というふうにご答弁されていましたけれども、この間の進捗状況について伺います。

板谷 保健福祉部長

国民健康保険の多子世帯軽減につきましては、子育て支援の観点から検討を行っております。軽減の対象や影響額など様々な試算を行っているところです。

既に行われている当区の子育て支援策との整合なども考え、就学援助基準や給食費無償基準といった、一定の所得制限を設けた場合の資産なども合わせて、つめているところでございます。

区独自の多子世帯均等割軽減策につきましては、子育て以外の被保険者や国保以外の区民の皆様にもご理解をいただくこと、財政面の課題や条例等の法制面での整理も必要となって参りますので引き続き検討を続けて参ります。

江口じゅん子

引き続きの検討をお願いいたします。

そして子育て支援としての、この均等割の減免を求めていますが、区長に伺いますけれども、このことに対しどのような観点で、どのような家庭や子どもへの支援が必要と考えているか伺いたいと思います。

保坂 区長

90万人を本年切りそうだ、2年予想より早くやってきました。

少子化が決定的になってきていて、国保の均等割について、子どもの人数が増えれば増えるほど人数分増える、というのは、やはり子育て支援に逆行しているだろう、特別区区長会でも国に既に申し入れていますけれども、例えばフランスでは、第二子50%、第三子無償などの子どもが多ければ多いほど、減免していく様々な手当や制度がございます。

これにもならって、緊急にやっていかなければならないと、問題提起をするとともに、区として何ができるのか具体的な検討をするように、所管に指示しているところであります。

子育て支援の観点から課題整理、実施検討に鋭意あたらせたいと考えています。

江口じゅん子

よろしくお願いいたします。

新年度予算について~保育士の処遇改善加算の継続を

江口じゅん子

それでは新年度予算の2点目としては、保育士の世田谷区独自の月1万円の処遇改善加算について伺って参ります。

先の代表また一般質問でも多くの会派から、わが党を含め、8万2千円の保育士等職員の家賃助成の継続、これをしっかり東京都や国に求めていただきたいと要望が相次ぎました。
そして私もこの間、保育関係者の方から伺っていますが、やはり子育て支援に大変力を入れている世田谷区の象徴として、この区独自の月1万円の処遇改善、これもぜひ継続していただきたい、とこのように強い要望いただいております。

この間の答弁では、家賃助成については、積極的に働きかけるというご答弁でしたけれども、この区独自の月1万円の処遇改善については、どのように考え、どう対応していくのか所管の見解伺います。

知久 保育担当部長

区では、次期子ども計画において、令和2年度から4年度は、一定数の保育施設整備が必要と見込んでおり、保育人材確保策としまして、ご指摘の月額1万円の区独自の処遇改善助成が大変重要な事業であると認識しております。

本事業については、令和2年度までの実施を既に決めておりますが、3年度以降の取り扱いについては、宿舎借り上げ支援事業はじめ、令和3年度以降の人材確保および定着支援策を決定していく中で検討してまいります。

江口じゅん子

保育関係者の方は、これを象徴というふうにおっしゃっていました。
ぜひ継続を強く求めまして、以上で日本共産党の質疑を終わります

<< 前のページに戻る